人気ブログランキングへ
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
Profile

つくば発!

本格ドラマティックJ-POPユニット

"Laguna"の歌担当ツルです☆

↓オフィシャルサイトはコチラ

isla de Laguna



↑↑ ツルプロフィールです
アバウトミー@nifty

「LagunaTシャツ」販売中
Links
mobile
qrcode
           

↑ケータイからもチェック★

                 RSSATOM みんなのブログポータル JUGEM
Category
Search
                
Recent Comment
Archives
Sponsored links


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト
「荒野」桜庭一樹(著)
4/18のライブで頂いたおみやげ紹介!!第6弾!!

なんと素敵な本を頂きました。小説を読むのなんて何年ぶりでしょう!
ここ何年かは推理小説、しかも有栖川有栖しか読んでいませんでした。
有栖川有栖の作品は「本格推理」なところが好きです。
ちなみに我々Lagunaの掲げるジャンル「本格ドラマティックJ-POP」の「本格」は、
こちらからヒントを得てツルが考えてつけたものだったりしますひやひや
「本格ってなんか堅くっていいな」みたいな軽いノリでした。すっかり定着して、(汗)です。
全く関係ないけど、民主党の岡田さんは4年前のほうが堅くって好きです。

さて本題。
「荒野」は、山野内荒野(やまのうちこうや)という少女の12歳から16歳までを描いたお話。
成長していく過程で、身の回りに現れるあらゆる「女」という存在に触れる。
荒野というやや幼く少し変わった?少女の目線を通して語られる女達は、
同級生だったり、父の愛人だったり、新しい母だったり。
恐怖や驚きや興味など様々な感情を抱きながら、自分自身もまたその「女」に近づいて行く事に気づく。

少女にしても大人の女性にしても、とにかく女性の感情と行動についての描写がとてもリアルで、
「うんうん、そうそう」とうなづいたり、「うひゃ〜!いるよね!」と納得したり、
なんともドキドキしました。
荒野が大人になって行く感じにも共感できる部分があるし、荒野が見た大人の女性にも
良い意味悪い意味で共感できる部分があって、複雑です(笑)。

でも作品としてはとても素敵ぴかぴか
舞台となっている鎌倉の四季の美しさ、少女荒野の透明感、初恋のすがすがしさが
ものすごく自然に描かれているんです。
前述のような女性のドキドキ描写があっても、それでも全体としてはさわやかな印象が残る。
筆力のなせる技なのでしょうね。さすが直木賞ぴかぴか
桜庭一樹さんの作品は初めて読んだのでよく分からないのですが、他の作品とこの作品では
かなり雰囲気が違うようです。他の作品も読んでみたくなりました。
そういえば、お話の中で荒野が恋する男の子は、かなり堅いタイプでした(笑)。

あ、4/18のライブで頂いたおみやげ紹介!!第7弾!!
上の画像、本の下の花柄は、実はショール。こちらはまた別の方からのおみやげでした。

素敵な本、素敵ショールをどうもありがとうございましたm(__)m
posted by: ツル@Laguna | Laguna+日常 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 「荒野」桜庭一樹(著)
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 23:59 | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト









この記事のトラックバックURL
http://lagunatsuru.jugem.jp/trackback/436
トラックバック